課題の提出について

SFC-SFSを使用する場合

ファイルが1個しか提出できないので、HTML, CSS, JavaScript, 画像のファイルをセットで提出する場合は、複数のファイルをまとめた1個のアーカイブファイルを作成して(俗に「固める」と言います)提出する必要があります。

  1. 提出したいファイルを選択する。
    • ディレクトリ(Macの呼び方だとフォルダ)の中のファイル全部の場合はディレクトリを選択。
    • いくつかのファイルを指定したい場合は、コマンドキーを押しながらクリックすると複数選択できる。
  2. 右クリックでメニューを出し、「○○を圧縮」を実行する。
  3. 「○○.zip」というファイルができる。複数選択した場合は「アーカイブ.zip」という名前になるので、適当な名前に変更する。
  4. 「○○.zip」をSFC-SFSでアップロードする。

教員にアクセス権限を与える場合

第3回のスライド資料の中に、デスクトップに「情報基礎」というディレクトリを作る演習があります。このディレクトリに関しては教員が中を見れるように設定することができます。

  1. ターミナルを起動する。
  2. 次のコマンドを実行する。
  3. パスワードを訊かれるので、CNSのパスワードを入力する。

見た目は変わりませんが、これで教員が「情報基礎」ディレクトリの中に置いたファイルを読むことができますので、先生の悪口は書かないようにしてください。

課題を提出する時は、指定されたファイル名で「情報基礎」ディレクトリの中にファイルを置くだけです。

なお、実際のディレクトリ構造は下の図のようになっています。

makeinfo1

  • シンボリックリンクとは、ディレクトリに別の名前をつける仕組みです。この場合は、「/home/ログイン名/CNSiMac/Desktop/情報基礎」というディレクトリは、実は「/home/ログイン名/info1」というディレクトリと同じものです。
  • 自分のPCで作ったファイルを提出する時は、ccx01.sfc.keio.ac.jpなどのCNSサーバにログインし、ファイル転送で「/home/ログイン名/info1」というディレクトリの中に置けば完了です。