基礎知識試験について

範囲

第3回:著作権
資料
第4回:アナログとデジタル
資料
第4回:2進数と16進数
資料
第7回:命題論理
資料
第8回:情報量
資料
練習問題08-2
第8回:文字の表現
資料
第8回:データ圧縮
資料
第8回:画像ファイル
ファイル形式(GIF, PNG, JPEGの特徴)
第10回:コンピュータの仕組み
資料

第10回:オペレーティングシステム
オペレーティングシステムにどんな機能があるか

試験システムの使い方

  1. 特別教室のiMacにログインする。(他のマシンでは受験できない)
  2. ブラウザで https://itclass.sfc.keio.ac.jp/exam/info1/student/ をアクセスする。
  3. 表示されたリストの中から、指示された試験のURLをクリックする。
  4. CNSログイン名とパスワードを入力する。
  5. 学籍番号・氏名の確認画面が出るので、そこで一旦待つ。
  6. 試験開始の合図があったら「次に進む」をクリックする。
  7. 「問題を表示」をクリックすると、問題文と選択肢が40問表示される。
  8. 適切な選択肢のラジオボタンをマウスでクリックする。
  9. 最後に「答を書き込む」ボタンをクリックする。(これをクリックしないと0点になる)
  10. 「答を書き込む」は何回クリックしても構わない。最後に書き込んだ解答が採点される。

注意

  • 試験システム以外のページや、ブラウザ以外のアプリを画面に表示しないこと。
  • 計算用紙を使いたい場合は、白紙一枚と筆記具のみ机の上に出す。

追試(9/24追記)

試験は2回実施して高い方の点数ですので、どちらか1回受ければ大丈夫ですが、やむを得ない事情で欠席した場合は追試を受けることができます。

  • 追試が認められる理由は定期試験と同じです。SFCガイドVol.2 p.32を見てください。
  • 2回とも欠席しても追試は1回だけです。
  • 追試は原則として最後の授業時間内に行いますが、クラスによって異なることがあります。